観察レポ =シンジュサン=


15.8.5


6月末の鹿児島遠征で、シンジュサンの終齢幼虫を見つけて持って帰った。

しかし、その時は車内の温度が高すぎたのが原因と思われ落ちてしまった。

それから一ヶ月ちょっと、一週間早いかもしれないけど、もしかしたらちょうどいい時期では?

ということで、シンジュサンの卵を探すのが今回の遠征の目標でもあった。


で、8月1日の散策で… まさかの!?












幼虫かよっ!

クサギなどをかなり探したけど、卵を発見することはできず…

5個体いたけど、そのうちの2個体をお持ち帰りした。 おそらく2齢と思われる。



今回は温度対策に気を使い、バッチリな状態のはずだ。

↓は4日の様子。





無事に連れ帰り、本日撮影。

3齢になっているようだ。







我が家前にもクサギの木があるので入れてみたが、気に入らないんだか食ってくれない。

今晩の段階で、まだ現地の葉を食べているが、残り少なくなってきた。

シンジュサンは多食性なので、カラスザンショウ・ネズミモチ・クロガネモチ・クスノキなども入れてみよう。

どれかを食ってくれればいいんだけど…





15.8.6


現地のクサギをほぼ食い尽くしたので、昨日の構想を実現してみた。

結局は地元のクサギを食い始めた。 それなら楽なんだけど、一応もう少し様子を見てみる。








15.8.8


あまり変化がないな… ジッとしていることがほとんど。







夜、1個体が脱皮した。 おそらく4齢と思われる。

もう1個体も動かないことから、脱皮間近なのだろう。








15.8.9


もう1個体も無事に脱皮していた。

クサギは葉が大きいため、大きめのプリンカップでも折れ曲がるので VIPルームへ移動させた。

仲が良いと思っていたけど、喧嘩っぽい場面も見たので、近々個別管理するかも。








15.8.11


エサ交換ため、外に出して撮影した。

うまく曇ってる時と晴れている時に撮れた。


だいぶ成長してきて、真っ白になってごっつくなってきた。

でも、食いはまだそれほどでもない感じ。

本日より、個別管理に切り替えた。















15.8.13


ここまでは順調に成長中。

少し青味がかかってきて、徐々にらしくなってきた印象。

夜には両個体ともにジッとしているので、明日辺りに脱皮するかもしれない。










15.8.15


本日、終齢に脱皮していた。 もう1個体はすでに皮を食べたようだ。

これからはバリバリ食いだすだろう。








15.8.16


だいぶガッシリしてきた印象。 覗き込むと、コンと音を立てて威嚇する時がある。

突起の先はたくさん粉を吹いている感じで、下にけっこう落ちている。

体色が緑っぽくなってきた。 食うスピードも速くなった。










15.8.19


順調に大きくなってきているけど、思っていたよりは食欲旺盛といった感じではない。

食べる時のスピードは速いけど(笑)










15.8.22


画像は昨日撮影。

動きが少なく、すぐに警戒するので似たような画像ばかりになってしまう…

地道に成長している感じだけど、蛹化はもうすぐと思われる。

顔の黄色味がだいぶくすんできたかなといった印象。












15.8.23


一回くらいは手に乗せて撮影しよう。 けっこう重いねぇ…









もう1個体はというと…







繭を作り始めていた。

↑の画像から3時間ほどで、外装はほぼ終了していた。





幼虫のサイズと比べると、繭は半分ほどの大きさ。

成虫は翅こそかなり大きいけど、体は超小さいからね。


通常なら羽化は来年初夏のはず。

寄生されてなくて、無事に冬を越して羽化してもらいたい。





15.8.26


幼虫だった個体も昨日軟便をして本日になって繭を作り始めた。

あとは無事に羽化してくれることを祈るだけ。








15.9.12


寄生は大丈夫かな?

2個体いるので、一つを繭から出してみた。





頑丈な繭にけっこうピッチリと入っているので、切り取り作業は細心の注意を払って…









あの大きな幼虫から、3分の1ほどのサイズになっていた。 この子は男の子だね。

色は問題なく、ズッシリ感もあるので無事と思いたい。

あと8〜9ヶ月と長いけど、羽化してくれることを信じて待ちたい。





16.2.12


冬場は外で管理。

繭から出した個体を久々にチェックしてみた。







水分は全く与えていないけど、ズッシリ感はあるので大丈夫そうかな?

5月後半〜6月の羽化予想なのでまだまだ長いが、無事に出てきてほしい。





16.4.14


霧吹きなどの加湿は一切せずに乾燥状態で管理していたけど、今日の撮影時にゆっくりとクネクネしていた。

よかった〜、生きてるね。

色付きはまだないので、やはり羽化は一ヶ月以上先かな。

もう1個体はそのまま繭の中に入っている。 両方無事ならいいけど。










16.5.5


関東ではシンジュサンの羽化は6月になってからだと思うけど、これは九州産なので少し早いかも?と考えている。

まずは、繭に入ったままの個体を。





全くわからん(笑)

無事であることを願うしかない。 できれば♀希望。


もう1個体も撮影。 こちらは♂確定。









見た目は前回とほぼ変わらずで、今回も手にとった際に動いていたので安心した。

やっぱり6月羽化が濃厚かな?


外で管理していたが、西日が当たるようになってきたので、本日から室内の涼しめの部屋へ移動させた。





16.5.21


室内管理中。

繭の方は生きてるのかどうか全くわからないけど、このままの状態で見ていく方針。

右の個体は若干色付いてきた感じ。

鹿児島ではすでにシンジュサンが出ている模様。

この子らは鹿児島産だけど、関東の気候で過ごしたので今月下旬か6月羽化のようだ。

昨日までは繭に戻していたけど、そろそろなので繭から出して観察を強化したい。










16.6.17


シンジュサンは温暖地では年2化というのをよく見るので、鹿児島生まれのこいつらはそうだと思っていた。

しかし、ここまでは完全に年1化ペース。 動いているので生存はしている。

目立った変化が全くないので、7月羽化になるかもしれない。










16.7.3


うやく変化が…







翅がうっすらと色付いてきた。

すぐには羽化しないだろうけど、そろそろなのは確かなので観察を強化していきたい。





16.7.4


全体的に黒くなってきた。 もう時間の問題かな。

明日辺りには出そうかな?








16.7.5


まだ羽化していない。

昨日と比べると、全体的に黒くなり、腹にも模様が出てきた。

明日辺りがXデーかな?








16.7.6


まだ羽化せず… ジラすなぁ(苦笑)

蝶と違い、羽化するタイミングの見極めが難しい。

もうすぐだと思うけど。










16.7.7


午前はまだ変わらずも、午後に一旦帰宅すると大きな影が…













やっとこさだったけど、繭から出した方の個体が無事に羽化してくれた。

蛹の触角部分を見て♂だと思っていたけど、あれまの♀だった。


羽化して何時間か経っているのか、翅は伸びてほぼ乾いているようなので、

たまにハタハタするのを注意しながら手乗り撮影。











これまで野外でも♀は見たことがなかった。

せっかくの♀だし、もう一つの繭から♂が出てこないかなと期待しているけど、遅れて羽化してもしょうがないし…

関東では6月中旬頃と8月に見ているので、ちょうど今は終了したころかも。

毎年7月は仕事が多忙なので、出歩くことがほとんどなかったのでわからないけど。

今夏の仕事は暇なので、一度夜の山でフェロモントラップ作戦でもやってみようか検討中。





16.7.30


繭の方はまだ出ず… もう無理かな?





16.8.14


最初の羽化から一ヶ月以上経ったことから、この繭は羽化できないと判断。

シンジュサンはいずれまた挑戦したいと思う。



観察レポ トップへ