観察レポ =セミの幼虫比較=


抜け殻を見ただけでは、なかなか何ゼミのものなのか見分けがつかない。

特に、アブラゼミとミンミンゼミは、大きさや色がそっくり。

しかし、羽化する前の幼虫では、比較的容易に判別ができる。

羽化のために出てきた幼虫を見つけた場合の参考になれば…


- 良い画像を撮り直しでき次第、写真は差し替えます -



アブラゼミ



東京では一番多いセミと言っていいだろう。

個体差で色の濃淡はあるが、全身がほぼ茶色一色で、抜け殻と見た目は一緒。



ミンミンゼミ



アブラゼミとほぼ同サイズで、茶色の中に緑色が多く混じっている。



クマゼミ



アブラゼミよりも一回り大きく、眼の下が黒くなっているので見分けは簡単。



エゾゼミ



関東では山地性。 大きさはクマゼミほどの大型で、眼が赤いので区別がつく。



ツクツクボウシ



アブラゼミよりもだいぶ小さくて細身。 夜遅くに羽化が始まるケースが多い。






観察レポ =アブラゼミ と ミンミンゼミの羽化=


アブラゼミ

ミンミンゼミ














































観察レポ トップへ